Sample Image

 アンサンブル・インフィニティ(Ensemble Infinity)



アンサンブル・インフィニティ

東海地区にて活躍するクラリネット奏者6名により、2010年11月に結成された、クラリネットの可能性を追求するアンサンブル団体。翌年には更に2名が参加、現在は8名で活動している。

結成理由は、ずばり、クラリネット・マニア達の可能性!!

メンバーの中には「特殊管」と呼ばれるハーモニークラリネットを複数所有している、いわゆる“楽器マニア”が多く、その「特殊管」を好んで演奏する奏者が大半を占めている。加えて、アンサンブルの楽譜を楽器店の品揃え以上に所有するメンバーや、作曲家・編曲家との親交が深いメンバー、更には自分自身が編曲を行っているメンバー等々、単なる楽器マニアの集団では無く、クラリネットアンサンブル全般に関するマニア集団となっている。

「楽器がある。奏者がいる。楽譜がある。ではそれらを活かしたら、何か面白い事が出来るのではないか!」
アンサンブル結成の動機は極めて単純だが、それ故に熱く、ディープである。

アンサンブルの特徴としては、何よりもまず「楽器持ち替えの多さ」である。楽器が替わる事に抵抗が無く、未経験の楽器にも挑戦したいという強い好奇心から、1曲ごとの持ち替えのみならず、曲中での持ち替えも日常化している。そのため演奏中のステージ上は、さながら「楽器博物館」である。

更にもう一つの特徴として「オリジナル楽譜の豊富さ」があげられる。既存のアンサンブル楽譜を膨大に所有しているが、このマニアなアンサンブルに“合う”楽譜は少ないのが現状である。豊富過ぎる楽器(特殊管)と、きらめくメンバーの個性を活かした、最高のクラリネットアンサンブルを追及する為にも、このアンサンブルの為のオリジナル作曲や編曲が必要であり、その為に1回の演奏会で、オリジナル楽譜の割合が8割を超える事も少なくない。

演奏スタイルから個人の性格まで、個性的な面々がお互いの経験・能力を持ち寄り、受け入れ、高めあう。吹奏楽の延長では無い、クラリネットアンサンブルならではの楽しさ、素晴らしさ、そして何より最高の音楽を目指している。

∞(インフィニティ)=無限大

団体名に込めた想いを胸に、私たちはクラリネット・アンサンブルの無限の可能性に挑みます。

新着一覧

  • ●2016年4月10日:第3回演奏会情報を開催しました。
  • ●2015年9月8日:第3回演奏会情報を更新しました。
    ●2015年3月1日:第2回演奏会を開催しました。
  • ●2013年1月16日:第2回演奏会情報を更新しました。
    ●2013年3月9日:第1回演奏会を開催しました。
  • ●2013年1月8日:第1回演奏会情報を更新しました。
  • ●2012年8月21日:各ページを更新しました。
  • ●2012年2月12日:東海アンサンブルコンテストにて「銀賞」を受賞しました。
  • ●2011年12月25日:岐阜県アンサンブルコンテストにて「金賞・県代表」を受賞しました。
  • ●2011年9月29日:演奏会情報ページにコンテンツ追加
    ●2011年9月20日:Webページを開設しました

今後の活動予定




Copyright(c) 2011Ensemble Infinity All Rights Reserved.